出産祝いの相場と贈り物について詳しく解説いたします。

出産祝いに贈るプレゼント。意外とみなさん悩むところではないでしょうか?

実際に利用してみてよかったショップさんや、贈った方に人気だった商品を体験談としてランキングにしてみました。是非役立ててくださいね。

出産祝いの相場と贈り物に関して

出産祝いの金額相場についてご説明したいと思います。親から娘へ、親戚関係や友人、会社関係など渡す相手によって、その相場は違います。基本的にご祝儀として渡す場合、出産祝いにおいては現金より品物を贈る事が多いのですが、あまり過度に遣り過ぎると、ちょっと引かれたりすることも。。。マナーを知って、渡す相手に取って迷惑にならないようにする事が大切です。

関係性で決める出産祝いの相場

祖父祖母から孫へ、両親から娘へ、関係性によって理想とされる相場があるので、参考にしてみてください

■祖父祖母から赤ちゃん(孫)への出産祝い相場  10,000円〜100,000円
■両親から赤ちゃん(娘)への出産祝い相場    10,000円〜100,000円
■兄弟姉妹から赤ちゃん(姪・甥)への出産祝い相場  5,000円〜50,000円
■親しい友人の赤ちゃんへの出産祝い相場   3,000円〜30,000円
■同僚や友人の赤ちゃんへの出産祝い相場   3,000円〜10,000円
■後輩や部下の赤ちゃんへのの出産祝い相場  3,000円〜10,000円
■先輩や上司の赤ちゃんへのの出産祝い相場  3,000円〜10,000円

出産祝いの熨斗について

表書きは蝶結びにした赤白の水引(みずひき)の上に「御祝」または「御出産祝」と書きましょう。水引きの下には贈り主の名前をフルネームで書きます。内袋の表には「金○万円」書きます。旧字体を使う傾向がありますが、新字体でも問題ありません。

夫婦連名の場合は中心に夫の名前を下記、左隣に妻の名前を書きます。職場で贈る場合は、表に「○○○○一同」と書き、出資した人の名前を書いた紙を袋の中へ入れます。
(左図参照)

出産祝いの贈り物について

おむつやブランケット・おくるみやベビーカーなど、赤ちゃんの時期は必要なものが沢山!なのでぶっちゃけ実用的であればあるほど喜ばれます。だけど気になるのはやっぱり、「かぶる」ことですよね。。。大きな物やおもちゃなど、かぶると相手も困ってしまうので、基本的には私は消耗品か、長く使えるもの(食器など)を選んで贈ります。

消耗品で、あっても困らないものは、おむつ・タオルなど。単品だと素っ気ないですが、最近人気の「オムツケーキ」なら可愛くデコレーションされているし、見た目も華やか! さらに低予算でもそれなりの物を贈れるので、贈り側としても安心。最近は困ったらオムツケーキを贈っています。また知育熱心なお母さんへは「知育おもちゃ」が喜ばれます。