マナーとタイミングなど、正しいお祝いの贈り方について詳しく解説いたします。

出産祝いに贈るプレゼント。意外とみなさん悩むところではないでしょうか?

実際に利用してみてよかったショップさんや、贈った方に人気だった商品を体験談としてランキングにしてみました。是非役立ててくださいね。

出産祝いのマナーとタイミングに関して

出産祝いのマナーとタイミングについてご説明します。「おめでとう!」「おつかれさま!」「頑張ったね!」の気持ちをこめた出産祝いの贈り物やお祝いもマナーやタイミングが悪いと、せっかくのお祝いも悪印象にすぎません。贈る相手に喜んでもらうためにきちんとマナーを知った上で、お祝いをしましょうね。

出産祝いのマナー(贈るタイミング編)

出産直後は控えましょう。出産の報告を受けてから母体の状態に気を使って、出産10日目〜1ヶ月以内に贈るのがベストです。産後一週間は命名披露の宴をする慣しがあったほど、昔は新生児の死亡率が高かったようです。 遅すぎるのもだめですが、早すぎるのもNGです。友人など親しい間柄の場合は、直接メールなどで様子を伺ってから贈るのもいいのではないでしょうか。駆けつけるのはお母さんと赤ちゃんが落ち着いてからにしましょうね。

出産祝いのマナー(ご祝儀編)

出産祝いの相場と贈り物に関してにも書きましたが関係性によって相場が変わってきます。相手の負担にならない金額を贈るのも気遣いの一つだと思います。出産のお祝いは新しい命が生まれたお祝いなので「4」や「9」の数字を使用することはタブーとなっていますので、気をつけましょう。

出産祝いのマナー(贈り物編)

出産祝いの相場と贈り物に関してにも書きましたが、あまり大きな物や実用性のないものは贈りません。 実用性が高く、赤ちゃんの時期に必要な物を贈ります。また、実用性が高いけど時期が限定されてしまうベビー服などに関しては、できるだけ長く使えそうなものや、季節に合ったものを贈ります。
おもちゃに関しても同様で、2.3年後じゃないと使えない・・・というようなものは邪魔になってしまう可能性もあるので、比較的早い時期から使えそうな物を贈ると喜ばれると思います。